鮮度が命!活魚料理

山の養分が海に流れ込む三河湾には、種類豊富な魚介類が多く水揚げされます。
地元でなければ味わえない、三河湾の恵みを使った料理の数々。
料理旅館の自慢の味をお楽しみください。
三好屋に来たら、味わってほしいのが〝鮮度の違い〟。
その日に水揚げされた鮮度抜群の海の幸を食す贅沢、心ゆくまでご堪能ください。

ある日の献立

  • 姿盛り

    三河の旬魚を姿盛りでご堪能ください。仕入れ状況によっては、コチ、スズキ、カワハギなど、珍しい食材をお出しすることも。クルマエビの踊り食いも、地元では定番の料理です。

    画像をクリックすると拡大します↑

  • ワタリガニの丸茹で

    ふっくらとしていてほのかに甘い身と、ワタリガニならではの絹のような繊細な食感とが相まって、上品な味わいです。

    画像をクリックすると拡大します→

  • 地魚の塩焼き

    新鮮な地魚を直前に〆て、旨みをぎゅっと閉じこめながら焼き上げます。
    味付けは塩のみ。新鮮なものほど、身がはじけるのが特徴です。甘みが増し、とろけるような旨みと締まった身を味わってください。

    画像をクリックすると拡大します↑

  • エビとタコの小皿

    新鮮な魚介類は、ボイルにしてもプリプリの食感。
    酒のお供にぴったりの小皿です。

    画像をクリックすると拡大します→

  • エビフライ

    身がぎっしり詰まったエビをサクッと揚げました。ボリュームたっぷりの、隠れた人気メニューです。

    画像をクリックすると拡大します→

  • アワビの踊り焼き

    新鮮なアワビほどよく踊り、目でも楽しめます。焼きたてのコリコリ食感に、大満足間違いなし!

極上の〝とらふぐ料理〟

秋から冬にかけて食べるといえば、ふぐ料理。

薄作りの身が美しいてっさに、ダシの旨みともちもちの食感が魅力のてっちり、老若男女に愛されるジューシーなから揚げに、香ばしい香りが食欲をそそる焼きふぐ…一品一品素材の味が光る本格ふぐ料理をご堪能ください。

※ふぐ料理は、11月初旬~3月の下旬限定です。12月下旬~2月頃までは白子が入ります。

冬の絶品食材!三河ふぐ

実は南知多は、全国有数のふぐの産地。
近年の海流の変化もともない、渥美半島の沖合いは天然とらふぐの好漁場になっているのです。
その水揚げ量は、全国1、2を争うほど。現在は、フグを傷つけない漁法「延縄漁」を行う約150隻の漁船が、フグ漁の解禁に合わせて南知多を出港しています。

鮮度へのこだわり!

  1. 1.漁師から仕入れる!

    三河湾で水揚げされた魚介類を、地元の顔なじみの漁師から仕入れています。
    大物は、生きたまま水槽で運ばれてきます。たくさん入ると、その日の料理も充実!

  2. 2.直前まで活きている!

    調理直前まで、宿の生簀で泳いでいるから、鮮度抜群!
    この辺りでは、生簀は当宿にしかなく、水槽を見て「これが食べたい」と食材を選ばれる方もいるほどです。

  3. 3.活きたまま捌く!

    旨みをぎゅっと閉じ込めながら活きたまま捌くことで、生臭さがなく、素材本来のおいしさが味わえます。

画像をクリックすると拡大します↑